HEAD

MAIL

HOME

旧:新潟県中蒲原郡村松町の幕末期町内名

意味については、なかなかうまく当てはまる言葉がありません。ひまな時に村松人の意見を聞きながら順次、標準語を当てはめていぐすけね。
村松(旧:新潟県中蒲原郡村松町)の方言について情報をお持ちの方はお知らせ下さい。
メール 又はFAX0250-58-7654 で情報をお待ちしております。

ホームズの乏しい知識と、雄弁に村松弁を語る三浦祐子(宅建主任者)さん、五十嵐博之(ホームズの釣りの師匠)さん、大島康博(靴&バック大嶋、キャプ10代表)さんの指導を受け作成しました。
わかりやすく標準語に変換したつもりですが、変換自体方言だったり、まちごていたりして分けわからねとこがあるかもしんねども勘弁してくんねや

平成23年11月5日第15次、追加・訂正



方 言 意 味 使 い 方
あ行
あいそもくそもね 愛嬌や人情がない・ツンとして笑顔のない冷たくキツイ人
あっちぇ 暑い・熱い 「おらとこの家はクーラーがのてあっちぇがんさ」・「咲花はあっちぇ温泉だがね」
あったらもんだ もったいない
あげ 仲間はずれ
あたける 子供が駄々をこねて手足をバタバタさせる・うるさく騒ぎまわる
あだける あまされると同意語・はだけるの意味もあり 「きもんの裾があだける」=着物の裾がはだける
あのがん
あまされる (子供が)悪ふざけをする あまされてばっかいるもんでね
あぶる 主に食べ物を焼いて食べる時の焼く行為
あぐらしい うるさい・せわしい あぐらしいったらあったもんでねぇ
あてずっぽ 第3レース、あてずっぽで決めたら、当たってしもた
あめあたま バーコード頭・髪の毛が無い頭
あんげなこと あんなこと また、あんげなことゆうて
あんにゃ・あんにゃま 兄、兄弟の年長者のこと・ちなみに弟のことは「おんちゃ・おんちゃま」という
いいにがする 良い臭いがする 「夕方になると夕食の準備でいいにがしてくる」
いーきになる 生意気になる・有頂天になる
いか 凧・子供が空に揚げて遊ぶタコのことをなぜかイカという
いぎしな 行きがけ 会社のいぎしなに郵便出してって
いぎなった 行ってしまった きーもにだすけ、へぇいぎなったけね。
いぎなんな 行かないで・行かないでください いぎなんな
いぎとねぇ 行きたくない 「おら歯医者ないぎとね」
いさかい 喧嘩 いさかいなばっかしてるもんでねぇ
いちがいこき 強情な人・自分勝手な人・傲慢な人・頑固 いちがいこきだすけ、ゆうてもきかねろう。
いっぺこと たくさん まんまいっぺこと盛ってくんねや
いっくらでもね 大した数量ではない・少ない いっくらでもねすけ、俺がおごってやるがね
いっちゃさき 最初
いとしげ 可愛い 「ばかいとしげな子だこと=とっても可愛いお子様ですこと」ホームズも幼年期にはよく言われました
いぎね・いぎねや 行きなさい おまんもいぎね
いごてば 行きましょう 一緒にフリーマーケットいごてば
いなんね 居ない・居られない ここのしょ、いなんねろっかどこいぎなったろ
いね・いねてば 居ない・居ないですよ 朝からいねてば
いってか 時間的に遅れている様子 いってかこね=なかなか来ない
いはらい 側溝や排水溝を掃除すること
うそこき 嘘つき ○□○□はうそこきで問題ならね
うっすらげな 馬鹿みたい
うっめがんだ 美味しい物  反対=うっもねがんだ
うわっぱり 羽織るものの総称・現在のウィンドブレーカーのようなもの
おっかね 怖い 家のかみさんはおっかねがんだすけ
おおばら ちらかっている・整理整頓が出来ていない
おおばらはちかん・おおばらこくたい ひどくちらかっている おおばらはちかんな家だこと
おおめなせる しおきをする
おしけらがす 押し倒す
おじ 弟・語尾を上げると伯父・叔父となり、語尾を下げると弟となる
おじ直り 兄嫁直り
おば 妹・語尾を上げると叔母・伯母となり、語尾を下げると妹となる
おぞせ・おどせ 雑炊 ちゅうはん(昼食)はおぞせにしょっか
おもっしゃがって 面白がる PS2おもっしゃがってばかいて、なんにも勉強しのなった
おもっしぇ 面白い
おもっしょね つまらない・面白くない
おまん 貴方・貴女 おまんとこのおんちゃまは、何年生だべね=貴方のご次男は灘校の何年生ですか
おめつけね わすれていた・うっかりしていた。 そんげなことおめつけねかった。
おんちゃ・おんちゃま 次男坊 ○○さんとこの、おんちゃまでいなったなぁ
おばんなりました 夕方や夜の挨拶 こんばんは 村松では「おばんなりました」といって訪問します。「こんばんは」というと誰か知らない人が来た?と警戒します。
おなごしょ 女性達
おとこしょ 男性達
おらとこ 我家・僕の家・手前ども
おらって・わって 僕達・私達 おらっての先生、バカ美人だ
か行
がおった・がおる 困った・困る ○○○にはがおってしまうてば
かりんこりん
かれんこりん
氷柱
がいるまっちょ
かがっぽい まぶしい やぁいや、あんまかがぽってみいねかったてば
貴様・おまえ
かたねる かつぐ・肩に物を乗せる
がっとだ 強力だ・強い・大きい がっとなトラクターだね
かっぽかぽ ぶかぶか この靴かっぽかぽで歩かんね
かんご 桑の実
かんもす かき回す・混乱させる せい風呂、あっちぇすけかんもしてから入んね
かんべぇ ごめんね・かんべんして かんべぇ、かんべぇね、こんどきいつけるすけ、かんべぇね
かーえかーいぇ かゆい 背中がかーえ
きーみせ 異性の気を引くため、必要以上に自分を目立たせる行為や言動そぶりなど
きーもみ
きーもに
短気・気がもめる人・気がもめて常に早めの行動をするが、落ち着きがないため事故をおこしやすい人
きっつぇ きつい・難儀・厳しい
ぎっちょ 左利き おまんぎっちょだけね
きないや 来てください・来ませんか
きなんなや 来ないでください
きめじょこ どうせ私なんてとすぐ悲観する人の総称
きびしょ 急須
きめる きめじょうごの人が、きめモードに入った状態
きたてば 来ました・来たぞ
くらすける しおきをする・手を挙げて叱る ○○○や□□□はくらすけねばだめだ
ぐるわ 周り・外周
くっせ いやな時する表情を「くっせ顔」という・いやな臭いも単に「くっせ」と言 くっせー、だれだへーしたの(臭い、おならをしたのは誰)
くね 垣根・生垣
げっぽ 順位が最下位のこと おらとこの子は、いっつもげっぽだがね
けっぽる 蹴る
けむてぇ けむい
こきったね 汚い・汚れている こきったね部屋だ
ごうじょっぱり 強情な人 ごうじょっぱりでがおるでは
ごうぎだ 強情、頑固
こちょばす くすぐる
こっつらの・こっつらがん こんなもの・価値の無いもの・粗末な物
こっこ 黄色く着色された沢庵漬
ごっつぉ ごちそう 今日は誕生日だすけ、なにごっつぉだろっか
こざく 川や雪の中を歩くこと 川の向こう側へこざいて渡った
こみっともね 憎らしい こみっともねったらあったもんでねぇ
こびり 虫押さえ・お腹がすいた食間に食べる少ない量の食事
こんげがん こんなこと
こんつばか ちょっと 少しばかり こんつばかでわーりども食べてくんねや
さ行
ざいご 田舎・さいごは在京と書いて、故郷あらわす
さんじょっぱらい いいかげんで最後まで物事をやらない・中途半端な
しかも たくさん 思ったより多い 今年は公魚がしかも釣れたてば
「○□○□より村松の方がしかも住みやぁせろう」)注意:鹿も住み易い?と、まちがいなんな。
しゃべっちょこき 口がかるい・おしゃべり あのしゃべっちょこきがまたしゃべったなぁ
しっぱね 雨降りの時、自分で跳ねた雨水で自分の足が汚れること
しっし じゃんけんぽん
しじゃらほじゃら 出鱈目・わけがわからない 確定申告だってがんに、帳面がしじゃらほじゃらでがおってしまう
しなに 際に・時に 帰りしなに寄ってくんねや
しゃれこき お洒落な人 しゃれこかんたって、たくさん美人だがねぇ
しょうし 恥ずかしい・恥ずかしがりや 趣味が農機具磨きだなんてしょうしでなに紹介できろば、だっけいつんなっても嫁がこねがんだがね
じみ ミミズ
しょったれ 不潔者 このしょったれしゃれこき
しょってば  何々しましょう
しわぎつける ひっぱたく
しんのみ 味噌汁の具 おらとこのしんのみはいっつも芋と菜っ葉ばっかだ
しんけ 気が短い人・豹変する人 ○○○はしんけたかりだかも
ずくなし 不器用者
ずる 動く やーいや、地震で家がずってたまげた
ずらね 動かない バスがえんこしたすけ、みんなしておしたども、ずらねかった
せつねぇ 難儀・我慢してつらいこと こないだインフルエンザにかかってせつねかったてば
ぜん お金 貨幣
そういんさねぇ そうなんです そうそう、そういんさねぇ
そうだすけ だから そうだすけさぁ
そうだども でも・しかし そうだどもさぁ
そうせってば そのようにしましょう・しなさい そうせってば、絶対まちがいねぇがね
そっつらがん つまらない物 そっつらがん、おらいらねぇ
そんげながん・そんげなこと つまらないこと・そのようなこと
そんまそこ すぐ近く アパートはそんまそこだすけ
そろっと それでは・そろそろ そろっと行ってみよか
た行
たがく 手に持つ・持って歩く
たまげた 驚いた おら、たまげた
たまがす 驚かす
だってや ○○だそうです 合併後の市名は五泉市だってや
だってねがんだ
だれこっぱいだれこっぺだりこっぱい 部屋などが整理整頓されていないこと だれこっぱいだども、どうそあがんねや
だすけ だから・ですから だすけ、ゆうたろ
ちょす いたずして触る あんまちょしてばっかいるとぼっこれるすけ
ちょすな さわるな
ちんこて・ちんこた 小さい・小さな あのちんこてもんがおまんとこの父ちゃんだ
ちょうもっこ 箸にも棒にもかからない
つるったぐり 一番下の子供のこと これおらとこのつるったぐりだがね
つぎ
つんもぐる 水や雪の中にうっかり入ること
でんぐるま 肩車
てろーん ぼけっと・ぼあっと
とっぱづか 過失・偶然相手に害を与える とっぱづかだがんに勘弁して
どくされ 臆病者
な行
貴方
な〜 同調を求める時に使う・○○だよな〜
なぎ 天気 明日のなぎなじだ
なーして どうして?
なにゆうてきすかる なに言っているのですか
なまらはんか 中途半端
なじだべね いかがですか。ご機嫌はいかがですか
にごじゅう・二五十 いいかげん あの男な万事二五十だすけ、ほんきだしてきくな
ねぼこき 起きたばかりで頭の回転が鈍い様子・寝坊・この方言を夜中に読んでいる人のこと
ねっちょこき 根に持って、陰湿ないたずら等、迷惑なことをする人 ○○○をかまうとねっちょこかれるぞ
ねら 貴方がた・君たち ねら、よう聴け、明日は8時集合だすけ
のめしこき 無精者・ホームズのこと のめしこきで、まだ寝ているがね
のめくる
はったころぶ
つまずいてたおれる   
は行
はつめ 器用な
はやす 包丁で切ること
ぱっち めんこのこと・ホームズが子供の頃、ぱっちとビー玉で遊びました。
はらくっちぇ 満腹 やぁいや、はらくっちょて、とっても食べらんねてば
ばらはちかん 乱雑
はっけ 冷たい 早出川より仙見川の水がはっけがんだよ
はじけこき おせっかい
はんぎりっこ 仲間はずれ
ひとかたけふたかたけ・みいかたけ 一食分・二食分・三食分
びちゃる 捨てる
ひっと ものすごく ひっといいことがあった 
ふっとつ いっぱい・満杯 今のせい風呂はお湯がふっとつになる前に止まるがんだって
ふっちゃばく・ふっつあばく 破くこと
へご 籠などの入れ物が凹があること
ほいとこ 食べ物に関して口が汚い・物ほしがり 食いしん坊
ほうりっこ・ほうり 側溝 主に土側溝
ぼっかける 追いかける 巡査がぼっかけたども、にげらったがね
ぼっこす 壊す
ぼっこれる 壊れる やいや大雪で屋根がぼっこれるてば
ぼったくる、ぼったくった 追いかける。追いかけた。野良猫を追いかけた
ぽんつく バカ・まぬけ
ま行
まいそこき 悪意のある「ごますり」 日本は○○○にまいそばっかこいている
まだらっこい・まだらっけ のろい、鈍感
まんぱち ちぐはぐ・左右が合っていないような場合に使う言葉
みば 体裁のこと 「みばが良い、みばが悪い」などと使う・「みばわありすけ、そんげ格好ばっかしなんな」
めんどくっせ 面倒だ 「村松の方言を編集するのはめんどくっせかった
もしかあんにゃ 次男のこと・長男が万一死亡した場合、次男が長男に代わって後を継ぐ、もしかしたら兄の役目をする人
もんぼれる 気が狂う・すぐ忘れる あいや、おれもんぼれたろっか、へえ忘れてしもた
もうぞ 寝言
や・ら・わ行
やでもか どうしても
やぼこき 屁理屈で無理を通す人 やぼこきだすけ、ちょうもっこだ
よっぱら あきてしまうこと・いやになること・たいくつ そろっとよっぱらなった
ヨピカリヨッピカリ 夜ふかし
わらいじょうご なんでもすぐ笑うこと
うんな あなた・君・おまえ うんなの自動車、片目だぞ
 
=平成26年1月追加=
たよさま・たようさま 神官 たよさまにお祓いしてもらう
なじょうも 何卒・ぞうぞ なじょうもしてくんねや
ねいつい 高度の倹約 ねいついすけ寄付しねってさ
ねぐさい・ねぐっそ ご飯が腐敗した臭気 ねぐっそて飯食わんね
みよける ふ化する・卵からかえる 鶏卵がみよける
めっと 夫婦 めっとして出かける
すわぶる 吸うこと 蜂に刺された毒をすわぶり出す
まるける まるく括ること